上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
そんな訳で我々の初レースが終わったわけですが、全体的な順位でいえば真ん中よりちょっと上ですが、先頭から12ラップ遅れというのが週末ホビーライダーの精一杯の実力ということでしょう。しかしレースの賞品としては何も得られませんが、お金で買えない貴重な体験をいろいろと手に入れることができました。
今回はレース体験談ということで話を進めたいと思います。


レースで得られたこと

何に一番感動したかというとたくさんあって順位を付けられないほどですが、まずは鈴鹿サーキットという国際レーシングコースを走れたこと。普段は一般道しか走っていないので信号あり、路面の継ぎ目あり、もちろん歩行者や自動車にも気を遣わなければならないわけですが、サーキットは他の選手にはもちろん気を遣いますが、同じ目的を持ったライダーが走っているので余計な気を遣わなくて済むことと、そもそもぶっ飛ばすために作られた道であるので、自転車で走るにはほとんどブレーキを使う場所がありません。ライダー交代のときにはハードブレーキングをかけますが、それ以外は集団の中でスピードをやむなく調整するときぐらいでした。


そしてあのような規模の集団走行を初めて味わいましたが、列車に参加できるかどうかで走りがまるで違ってきます。
最初の頃は利用できる人がいれば利用し、いない時はガンガン踏んで抜いたりしていましたが、少し疲れてくるとすぐに抜き返されついていけなくなる、こんなことを繰り返していました。中盤以降、単独時にはセーブしながら、追い抜かれた集団について走ることを心がけ、その結果、終盤になってもそれほどラップタイムを落とさずに走れることが分かりました。特に風が吹き始めてからは、西コースでは風をうまく遮れるかどうかもカギでした。
最初からこんな作戦でいけば最後までもう少し足が残っていたと思います。次回への課題ですね。


上りで離され下りで追いつく、そんな感じの展開に終始しました。上りではスピードが落ちるためそれほど集団を利用する効果がありません。私のように元々ヘタレな足ではすぐに置いていかれますが、裏のストレートやヘアピンからデグナーへの下り、あるいはダンロップコーナーから1コーナーへの長い下りはちょっとがんばって前に追いつき、1コーナーまでスピードを維持することができていました。
がしかし、耐久レースをしている人は下りでは休んでいるはずなので、やはり上りで離される。これも次回への課題ですね。


ラップタイムがどのぐらいで走れるのか、これが見当もつきませんでしたが、だいたい10分から12分台で走りきることができました。たいして速くないチームではありますが、ラップタイム表を作り、ストップウォッチでタイムを計ることにしたところ、誰が何周したのかよく分かるし、ラップタイムの変化、ピット閉鎖時の作戦など、たいへん役に立ったことと、まるでレースを組み立てているような面白さを味わうことができました。これはお勧めです。
ただし、M氏の操作間違いにより、途中でストップウォッチが止まってしまうというハプニングがありました。しかも2回(-_-;)


仲間と喜びを共有できるのが耐久レースの味だとは分かっていましたが、ゴールした瞬間の喜びは何ともいえないものです。中盤の苦しい時間帯でも仲間ががんばってラップを作ってくれると自分もやったると励みになります。ほんとこのメンバーで走れて良かったなと、心底そう思えます。


その他もろもろ

表彰式が終わってから行われる抽選会。豪華賞品とのことでしたが、自転車やコルナゴのフレーム、なぜか米など、本当に豪華なものが出されていました。そして私の物欲リストにもあるマビックR-SYSまでもが・・・
くじ運の悪い私に当然あたるわけもありませんでしたが、意外と当選確率は高そうな感じでした。何度か参加するうちに、いずれは自転車お持ち帰り~となって欲しいものです。(米やったりして、爆)


クロスバイクに抜かれたことが何度もあり、後半にはミニベロにも抜かれました(^_^;)
勘弁してくださいよ・・・


リアディレーラーの調子がいまいちよくありませんでした。前半から気にはなっていたのですが、トップに近いギアが入りにくく、途中我流で調整しましたが、更に悪化して今度はローに入らなくなり・・・(汗)
何度かいじくっていると奇跡的に調子が良くなりましたが、トップギアなんて普段ほとんど使わないから気にしてなかったんですよね。レース前にはきちんと調整しておく必要があります(当たり前ですね、笑)


ピットクルーが欲しいなと実感しました。1回走って2回休む。けっこう休憩できるように思えますが、タイムを計ったり、ライダー交代のときにタグを付け替えたり、なんだかんだと忙しいです。ヘルパーがいればなと、ほんとそう思いました。


食事は休んでいる間に適当に取りますが、おにぎり5個、速攻元気2個、バナナ1本、アミノ系飲料たくさん、そんな感じで摂取しました。でもやっぱり食べる時間は少ないので、ジェル系が効率いいのかもです。


あるショップの話では、8時間エンデューロはレースの登竜門だそうです。ここでレースに目覚めるのか、やっぱり自分はツーリング派だなと思うのか分かれるそうですが、私は今はどちらも楽しいです。レースにどっぷりというのはこの歳だから無理ですが、エンデューロは参加していきたいなと思います。もちろんツーリングはやまられまへん(笑)


【公式記録】

graph0.jpg
前半

graph1.jpg
後半

よく見てみると最高順位は67位だったみたいですが、その後ずるずると91位まで落ちてしまっているのが我がチームのいいところでしょうか(^_^;)
しかし圧巻は4周目の34台抜き(ライダーは私ね、笑)

正式なラップタイムと順位などのグラフを購入することができるんですね(500円)。これはけっこう嬉しいです。
その他、ゴールの画像や動画も購入することができるみたいですが、高いので見送り(爆)


いちおう本日のデータ

5/5 鈴鹿サーキット
走行距離 93.18km ※朝の試走を含む
平均速度 30.3km
最高速度 54.2km


さて、そんなこんなで長々と3回にわたってあれこれレポートしましたが、駄文に最後までお付き合いいただいてありがとうございました。自戒は、いやいや次回は、面白おかしくレポートできたらなと思います(笑)


スポンサーサイト
2010.05.08 Sat l レース・イベント l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは。

ふむふむ。

ロードバイクって普段でも風との戦いですけど、レースとなると列車に乗ることも含めて、いかに風とつきあうかってのが勝負のカギなんでしょうね。

コルナゴ貰えるまで参加ですかね(笑)



2010.05.08 Sat l みっちー. URL l 編集
No title
 こんにちは♪

 思わず引き込まれてしまいました。
 ワタシはもちろんレースには参加したことないですが、前回の記事と合わせて、HIDEさんのいろんな気持ちが行間からにじみ出てるような感じがしました。
 やっぱりこういうのは参加してナンボ、の世界ですネ。参加しなきゃわからないことって、もちろんあるでしょうし、ヘタレのくせに「オレも一度は…」とかって(笑)

 あ、コルナゴ当たったらください(爆)
2010.05.08 Sat l こた. URL l 編集
みっちーさん
おはようございます!

いつも単独走行か、せいぜい2〜3台で走るだけですが、サーキットの速度でしかも集団だと速いペースでも付いていけますネ。
異次元の体験、そんな言葉がぴったりでした。

>コルナゴ貰えるまで参加ですかね
先ずはR-SYSを手に入れて、それからコルナゴですね(笑)
何歳まで走る気やって話ですが(爆)
2010.05.09 Sun l HIDE. URL l 編集
こたさん
おはようございます♪

ついつい長文になってしまいましたが(^_^;)
最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ほんと、参加してナンボ。
目から鱗みたいなことがたくさん経験できますヨ。
次回はこたさんもぜひ!
ていうか、ブログ仲間で走れたら楽しいだろうなぁって思いました♪

>あ、コルナゴ当たったらください
チャンスは自分で手に入れろ、ですね(爆)
2010.05.09 Sun l HIDE. URL l 編集
鈴鹿の狼?
レースお疲れ様でした、読んでいる時間を感じさせない長文から、レースの楽しさが伝わってきます。

次回の目標も忘れ物をしない、ですか?(笑)
目指せR-SYS入手!!で、頑張って下さい。
2010.05.09 Sun l オッキー. URL l 編集
オッキーさん
いやぁ、まさかボトルを持たずに走り出すとは・・・
ヘルメットとかは気を付けたのですが(笑)
でもよく言われる「集中力の切れる時間帯」というのが本当に存在することも実感しました。

次回目標は
「R-SYSを手に入れろ!」
ですね(爆)
2010.05.10 Mon l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/85-08efa419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。