上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自転車におけるタイヤの重要性は言うまでもありません。グリップしてくれなきゃコーナーでこけるし、ブレーキングでロックしたりスリップダウンしたり・・・。といってグリップを優先すると”持ち”が悪くなるし、逆に”持ち”を優先するとたいがいはグリップが低くなり。他には耐パンク性や”重さ”なども選択基準となります。そのあたりがタイヤ選びの面白いところでもあります。
どこのメーカーのどのタイヤがベストというのは何を重視するかによって左右されますが、これまで使ったタイヤを自分なりにまとめてみましょう。

※あくまでも私個人の評価ですので悪しからず・・・


【クリンチャー】
Zaffiro
初めて買った完成車に付いてきたタイヤ。グリップいまいち、重い、硬いという安さだけが取り得のタイヤ。200g前後のタイヤに交換すると走りがグッと軽くなる。このタイヤのおかげでVittoriaにネガティブなイメージが付くけど、上位クラスのタイヤは人気がある。

Pro3 Race
転がりがよく、軽く、路面への食いつきは安心感があり、峠の下りでもガンガン突っ込んでいけた。が、減りが早くて、減り始めるとパンクも増えてくる。ローテーションしないとリアは2,000kmぐらいで寿命か。

BRIDGESTONE EXTENZA RR2
初めて買った国産タイヤ。転がりも軽さもそこそこ、グリップもそこそこと、まとまっていると言えばまとまっているし、特徴のないタイヤといえばそれ以上の表現もないタイヤ。表面をあっという間にカットして、それ以来国産は買っていない。

Grand Prix 4000S
RR2の後はずっとチューブレスを使っていたが、久しぶりに買ったクリンチャーが初めてのコンチネンタル。なかでもGP4000Sは評価がよくて、グリップがよくて”持ち”もよく、軽くてロングライフという、嘘みたいな触書につられて購入した。が、何だかんだで4本買ったGP4000Sは3本が次々とサイドカット。しかも普通のパンクもするし、グリップはそこそこだったぐらいで、あまり良い印象のないタイヤである。

Pro4 Endurance
Pro4シリーズでは一番下のラインナップであるEndurance。Pro4シリーズといえばペラペラのタイヤで軽くてグリップがよく、転がりが良いというイメージを見事に覆してくれた第1印象。実際に乗ってみると乗り心地はイマイチ、重い、でもほとんど減らないという、Pro4シリーズに入れていいの?というタイヤであるが、サイドはそこそこグリップのあるコンパウンドで、チューブをラテックスに交換すると乗り味の硬さも気にならなくなる。
そうそう、買って500km走らないうちにサイドカットし、どこがEnduranceやねん!と思ったけど、それからが強かった(笑)。サイドの内側に無理くりパッチを貼って、けっきょく4,000kmぐらい走っても使えている。

Pro4 Comp
Pro4シリーズの上から2番目、1本あたり180gという普段履きにするにはギリギリのタイヤ。もちろん”持ち”のことを気にしたら使っていられないが、グリップと転がりの良さ、軽さといったら特筆もの。これにラテックスチューブを組み合わせると乗り心地、転がりともに快適そのもの!


【チューブレス】
FUSION3
実のところチューブレスはこれしか使ったことがないけど、”持ち”、グリップは満足のレベル。そしてクリンチャーと比べるとパンクが少ない、というかほとんどパンクしないし、転がりがよくて乗り心地がいいので使いだすと止められない。
以前は英国で4,000円前後であったが、諸般の事情で6,000円前後になって使わなくなった。が、ちょっと前に4,000円を切っていることがあり久しぶりに購入。他メーカーからTLに参入してもらって、もっと価格が安くなって欲しいところ。国産メーカーもそのうち使ってみたいかな。


【チューブラー】
Corsa CX
もう定番中の定番で、やっぱりこれしか使ったことがない。Zaffiroと同じVittoria製とは思えないグリップ、乗り心地など、これしか知らなければきっと幸せだろうと思う。
表面にはパターンがあるので減りが気になるのと、クリンチャー用のラテックスより薄い(軽い)チューブを使っているので、1日に付き2気圧ぐらいエアが減るのは何とかならないものか。(シーラントを注入すると減らなくなるそうだが、チューブの持ちや乗り心地などが心配)


ということで今まで使ってきたタイヤをまとめてみました。
けっきょく現在もCL、TL、TUを使い分けることになっていますが、クリンチャーはタイヤとチューブを組み合わせることによる”楽しみ”もあるということに気が付きました。そんな訳で普段使いのRacing Quattroには、フロントにグリップを重視してPro4 Comp、リアは”持ち”を重視してPro4 Enduranceがお気に入りとなっています。チューブはもちろんラテックス。
あくまでも参考意見ということで・・・。

スポンサーサイト
2015.04.14 Tue l パーツ l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
なるほど、環境(走る路面?)によってか、エンジンによってか、車体のせいか、随分印象が違うモンですね。
ワタシは貧乏なので、高いタイヤは買ったことないですが、GP4000sは今まででイチバン気に入ってます。
EXTENZA RR2も長く使ったけど、結構スキでした。
それ以外は通勤用にRubinoとLithion2を使いました。
Corsa(クリンチャー)なんて、硬くて嵌められなくて1mも走らずオークションに出しちゃった。。。
Panaだけは使ったこと無いけど、気になるなあ。
どれもサイドカットはしたこと無いし、バンクは2年に一回あるかないかです。
やっぱりのろのろサイクリスト(旅情派)だからですね。
テヘヘ。
2015.04.14 Tue l ともちん. URL l 編集
ともさん
確かに人によって印象はまるで違いますね。
同じロードとはいえ走る場所も違えば、何に重きを置くかも違う。
ちなみに、今回は通勤タイヤのインプレは入っていないので、それを含めるとまた違った意見になるかもです。

>Corsa(クリンチャー)なんて、硬くて嵌められなくて1mも走らずオークションに出しちゃった。。。
ありゃりゃ、もったいない(笑)
でもコルサはクリンチャーでも意外と高いし、減りも早そうですね。TUのイメージからかサイドカットには強そうな気もするのですが、勝手な思い込みかな。

しかし同じタイヤでも人によって評価が異なるところが、これまたタイヤの面白いところかなとも思います。
2015.04.16 Thu l HIDE. URL l 編集
No title
 何だか自転車の雑誌を読んでるようだ…(笑)
 オレも使ったコトがあるタイヤもいくつかあるケド、だいたいイメージは同じだネ。

 ただ、Grand Prix 4000Sは今も使ってるケド、これはひでちゃんとは正反対(笑)
 今まで使ったタイヤの中では、1,2を争うぐらいのタイヤです。

 FUSION3はTLでもWOでも履いてたケド、これも正反対(笑)
 ちょっととんがってるイメージで、老いた身体にはツラいと思った。

 あ、何だか久しぶりに自転車乗りたくなってきた…
 (爆)
2015.04.17 Fri l こた. URL l 編集
こたさん
自転車雑誌の記事のようにはうまく書けないですが、まとめておかないと自分が忘れてしまいそうなので(笑)

Grand Prix 4000Sは絶賛ですか。
けっこう評判はいいですね。
軽くて転がりがよく、グリップがいいのにロングライフ、それでパンクも少ない。はずだったのに私の場合はパンクとサイドカットが多くて・・・(泣)

>FUSION3はTLでもWOでも履いてたケド、これも正反対(笑)
TLは空気圧をぐっと少なくしたらどうでしょうかね。

でも人によって評価はさまざま、雑誌の記事なんかもメーカーのしがらみとかあるし、やっぱり自分の乗る環境で試してみるのが一番ですね。


>あ、何だか久しぶりに自転車乗りたくなってきた…
> (爆)

もう我慢しないで、そろそろ乗りましょうよ~(笑)
2015.04.18 Sat l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/686-a6a5c519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。