上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大台ケ原といえば日本有数の降雨量で、三重県と奈良県にまたがる風光明媚なところです。
奈良県側からは上北山から車でアプローチすることができ、最近は日本一過酷というヒルクライムも開催されています。

そんなところで秋の紅葉を満喫するサイクリング、みたいなイベントが開催されることになり、初回である今回は参加費も千円!ということもあり(笑)気軽にエントリーしてしまいましたが、コースはヒルクラのコースそのもの!
激坂が8km続くコースではありますが、レースじゃないしあくまでもサイクリングだからそれほど心配することもないかと。


それはそれとして、今回は新しいチームジャージのデビューでもありました。
今回参加させてもらったのは関東で活動されている団体のジャージ。自転車のマナーを向上しようという趣旨で活動されています。そしてジャージもかっこよくてとってもクール!
WaveOneのオーダージャージで志摩サイと同じです。WaveOneは私にはちょっとサイズが大きく、ダウンヒルで背中がバタついたりサドルに生地が引っかかったりしていましたが、今回はそんなところが一切なく、パンツの裾も痒くなるシリコンドットではないタイプ。
試着したらすぐに走りに行きたくなってしまうほどでした。


さて、それでは早速まいりましょう!
と行きたいところですが、今回は出発までにいろいろありました・・・

今回のイベントは10時から11時までに受付し、各自で走りに行ってもいいし、まとまって走るなら11時にみんなでスタートみたいな、わりとファジーな運営(^_^;)
こういうの好きです(笑)

とりあえず上北山までは尾鷲経由で3時間見ておいて、2時間ぐらい前に腹ごしらえしていけばいいかという、こちらもファジーでは負けていませんwww

とりあえず家を6時半に出発したら8時には尾鷲について、どっかのコンビニで腹ごしらえという作戦ですが、紀伊長島まで高速で順調に走れたためかなり順調な行程です。


P1010675_01.jpg
矢ノ川も越えて七色近くのサークルKでいつものように・・・

P1010676_01.jpg
ブレません(爆)

これではちょっとエネルギーが少なそうなので、この後パンも1個追加!
8時半ごろにコンビニを出発し、どう考えても早すぎるなと思いつつ先に進めていると、何だか通行止めやら迂回路やら表示が目に付きます。
最初はそれほど気にしてなかったけど、よくよく見てみると上北山村白川から先が通れない・・・。

はて・・・(・・?
白川って集合場所の手前じゃなかったっけ?

まぁ迂回路もあるということだし、それほど気にしなくていいかと思いながら進めると、迂回路はR425というのが目に入り、これはますますいやな予感が頭をよぎります。
R425といえば有名な酷道。しかし上北山方面にR425ってどうつながるのかと思いながらも、もう少し走れば上北山という池原ダムまでやってくると迂回の指示!ダムサイトを横切って尾鷲方面に向かい(災害のため尾鷲にはいけません)、坂本ダムからかサンギリ林道を通るルートではないですか!
以前から自転車で行きたかったルートだけど、まさか車で走ることになるとは思ってもいませんでした。まぁ下見になったからいいか(^_^;)

しかしこのルートはほぼ1車線のクニャクニャ道。順調に行けば15分ぐらいで行けそうなところを、1時間以上迂回することになってしまいましたが、サンギリルートは思っていた以上に絶景!
集合時間にはちゃんと間に合ったし、これはこれで良かったかもと思えるものでした。


P1010677_01.jpg
まさかの、車で備後橋!


P1010679_01.jpg
林道サンギリ線
絶景の連続に思わず声を上げまくり!
あちこちで車を止めて写真を撮りたくなりますが、ごらんのように1車線だし、迂回路のためたまに車が通ります。自転車だとどこでも止めて写真が撮れるけど、それができないのが車の欠点ですね。
郵便局のトラックに2回も出会ったし・・・。仕事とはいえこんな道を配達ご苦労様です!

P1010680_01.jpg
トンネルを抜けるとまた景色がひらけます。
トンネルのあちらとこちらで甲乙つけがたいけど、坂本ダム側の方が絶景かな!


P1010681_01.jpg
そんなこんなで受付場所までやってきました。

道の駅で補給食を購入して受付完了。
準備もできたのでまだ誰も走ってないですが、ぼちぼちと走り出します。


P1010684_01.jpg
ヒルクラのコース。
このあたりは民家もあってまだまだフラットに近いエリア。


P1010685_01.jpg
スタンプポイントww
今回はここと頂上の2ヶ所でスタンプを押してもらうと、最後にめはりずしがもらえます(笑)


P1010686_01.jpg
こんなスタンプ台にしていいのか(^^;)

まだ他の参加者はこないけど、とりあえず体が冷えるのも嫌なのでユルユルと再スタート。激坂区間がスタートするまでは写真を撮りながらのんびりサイクリングです♪


P1010687.jpg
こんな景色が次から次へと目に入り、これまた声を上げまくり!
このあたりは紅葉が見ごろでしょうか。


P1010688.jpg
右へ行くと小処温泉、左に行くと激坂区間、当然左に行かねばなりません(;_:)

これを過ぎると8%、10%とどんどん勾配が増して・・・

P1010690.jpg
このヘアピンが過ぎると激坂区間のスタート!

普通が13%ぐらいの勾配で酷いときは17%とか。たまに緩くなっても10%前後という心の折れる区間が8kmほど続きます。

P1010695.jpg
コーナーを曲がると・・・


P1010697.jpg
勾配が緩むことなくどこまでも続く、本当に心の折れる区間であります(>_<)


P1010694.jpg
激坂で自分撮りをすると、こんな風に目が逝っちゃいますwww
って、なかなか残り距離が減っていかないから、こんなことでもしてないとやってられない(笑)

それでもちんたら漕いでいると激坂の終盤に差し掛かり・・・

P1010700.jpg
この東屋が見えると激坂区間の残りは1kmほどになります。
初めてのレースのときはここで激坂が終わりかと勘違いして大失敗^^;


P1010702.jpg
ちょっとしたアップダウンが過ぎたらいよいよ大台ケ原ハイウェイの本線へ合流。

ここからは激坂はありませんがアップダウンで標高をさらに上げていきます。そして今回は向かい風もあってもう大変。ここで脚が残っているといいんだけど、ここから先はやっぱりヘロヘロ。
最大でも10%ぐらいなんだけど、ゴールまでの11kmほどが思いのほか堪えます。


P1010706.jpg
本線に合流してすぐはこんな景色も・・・


P1010707.jpg
が、すぐに霧が立ち込めて先が見えません。
コースの先が上りなのか下りなのか、カーブなのかよく分からず、出たとこ勝負という感じでこれはこれで面白かったです^^;


そして・・・


P1010709.jpg
ようやくゴールまでたどり着きました。
霧でよく見えなくて、よく見たらゴールだったという・・・(笑)


P1010710.jpg
笑顔でゴールですがすぐに冷え込んできます。


P1010711.jpg
ガーミンの表示で3度台 orz
ユニクロダウンを持ってきて大正解!

アップダウン区間でウィンブレを着るかどうか迷うほどでしたが、とりあえず上りだからとそのまま走ってきました。しかし指きりグローブの手と足先はもう寒くて感覚がなくなってきています。
頂上で暖かい食べ物もありましたが、とりあえずさっさと下山します。


P1010712.jpg
ある意味、大台ケ原らしい風景


P1010713.jpg
下りもご覧のような霧。
ドライブウェイは尾根沿いを沿って走るから、本来、右を見ても左を見ても絶景のはずなんだけど・・・


下山コースは激坂方面に行かず、前回走れなかったハイウェイを下山。
しかしこれが良かった。
ここから日が差し始め・・・

P1010721.jpg
こんな景色にまたまた声を上げまくり!
途中から2車線だからダウンヒルもちょいと攻めまくり!


P1010724.jpg
途中から長いトンネルを回避するルートを通り、最後はR169で無事に出発地点にもどってきました。

過酷なヒルクライムコースでサイクリングすると言うのはなかなかいい試みだったと思います。今回は実験だったようですが、来年以降は年に何度かこういうイベントを実施したいとのことでありました。

残念だったのはハイライトの景色が去年に続いて霧で見えなかったこと。
それでも途中の紅葉はすばらしいの一言だったし、上の方の景色もいつかきれいに見えることがあるでしょう。


本日のルート
ルートラボ

11/17 大台ケ原
走行距離 59.02km
走行時間 2時間51分
平均速度 20.6km/h
最高速度 61.1km/h
カロリー 2,217C
高度上昇値 1,428m



スポンサーサイト
2013.11.17 Sun l レース・イベント l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

No title
大台ケ原、行ってみたい場所です。
天気が良ければ景観は、とてもきれいでしょうね。
でもこの場所は、多雨で有名な場所とも聞いたことがあります。
雨男さんの聖地?だったりして(笑)

走行60kmで、獲得標高1500mですか?
ワタシには登るのに、きっと時間がたっぷり必要なコースですね。

2013.11.17 Sun l 監督. URL l 編集
監督
大台ケ原というと山好きの方々からするとメジャーな場所ですよね。
降雨量が日本一としても有名ですが、宮川流域で暮らす我々はその恩恵を受けています。

>天気が良ければ景観は、とてもきれいでしょうね。
それを期待したんですよ~(^_^;)
去年のヒルクライムも曇っていたし、今年はひどい霧。
きれいな景色は富士山より貴重なのかもしれませんが、こうなるととことん登りに行きたくなります(笑)

>走行60kmで、獲得標高1500mですか?
前半の27kmで1300mほど登るコースです(泣)
ていうか、中盤の8kmで1000m近く登るんですが(^_^;)
でも景色を楽しみながらゆっくり登れば、きっと楽しいヒルクライムだと思いますよ・・・、きっとwww
2013.11.18 Mon l HIDE. URL l 編集
No title
これはなかなか登り応えがありそうな・・・
この次は案内宜しく~^^;
(爆)
エスカルゴジャージも伊勢でいよいよ
立ち上がりましたね^^ 今度行ったときは
みんなでおそろいのジャージライドが出来ますな~(楽しみ)
2013.11.18 Mon l てっちゃん. URL l 編集
苦労して激坂攻略したのにハイウェイからの眺望が惜しかったですね

しかしあの激坂はレースだからなんとか登れそうですが、

サイクリングだとある意味精神的にきっつかったんじゃないかなと思います

そうそう不幸中の幸いで秘境ルートが走れること確認してもらったので、行かないと行けませんね(^o^)

2013.11.18 Mon l 慎之助. URL l 編集
てっちゃん
次回はヒルクラに日程合わせるとか(笑)
でなくても案内するよ~(^^)v

>エスカルゴジャージも伊勢でいよいよ
>立ち上がりましたね^^
ほんと、かっこいいジャージだよね!
めっちゃお気に入りです(^^♪
いろいろお世話かけました。

>みんなでおそろいのジャージライドが出来ますな~(楽しみ)
ほんと、次回はみんなでお揃いのジャージだね。
楽しみだぁ(^○^)
2013.11.18 Mon l HIDE. URL l 編集
慎之助さん
眺望だけが残念でした。
まぁこれで次に登る理由ができてしまったわけですが・・・。

>しかしあの激坂はレースだからなんとか登れそうですが
レースだとがんばって登るしかないのですが、時間を気にせず登るのはしんどいけど楽しかったですよ。
なぜか楽しいコースに思えてしまいました(笑)

>そうそう不幸中の幸いで秘境ルートが走れること確認してもらったので、行かないと行けませんね(^o^)
そう、そうなんですよ。
大台ケ原に負けないぐらいの秘境。
ここは走るしかないですね。
暖かくなったらキャンプ場で1泊して、大台ケ原とサンギリを制覇するというのはどうですか?
2013.11.18 Mon l HIDE. URL l 編集
No title
 なぁ~んとキツそうナ…
 どう考えてもヒルクライムとサイクリングって、同義語じゃないと思うんだけど(笑)、ま、HIDEさんにとっては同じなのか(笑)

>ブレません(爆)
 ( ^)ノ☆ヾ(^ ) ナカマ!
 (笑)

>こんなことでもしてないとやってられない(笑)
 ってか、こんなコトでもやっていられる、その余裕がスゴい。
 オレだったら… 言わなくてもわかるよネ(爆)

 しかし、霧の中で出たトコ勝負って、スゴすぎ。
 アタシなんぞ、霧の中では何が出てくるかわからんので、いつのましてゆっくり走りました(笑)

 前回のエントリーも拝見。
 原付きをブチ抜くトコなんか、爆走王が憑依したのかと思った(笑)

 イチョウも見事ですナァ~
 ビアンキにもよく合ってます! 何だか美味しそうに見えるし(笑)
2013.11.19 Tue l こた. URL l 編集
こたさん
>なぁ~んとキツそうナ…
ここは私の中で一番キツいです。
今回はのんびりペースだったから楽しかったけど、レースとなると大変ですヨ。

>( ^)ノ☆ヾ(^ ) ナカマ!
www
自転車のときは大盛りパスタですね(^^)v
本当はもう少し選びたかったんだけど、あまり残ってなくて・・・。
でも炭水化物がほどよく補給できてお気に入りです♪

>しかし、霧の中で出たトコ勝負って、スゴすぎ
これはちょっとスリリングでした。
反対から車も来るし、ライトは点かないし・・・。
気が付いたときは本当にゴールでしたwww

>原付きをブチ抜くトコなんか、爆走王が憑依したのかと思った(笑)
これ本当にどうなるかと思ったけど、考える前に抜くしかない状況になってました(^_^;)
原付もビックリしたと思いますwww

>ビアンキにもよく合ってます! 何だか美味しそうに見えるし(笑)
えーっと・・・
イチョウは食べてもいいけど、ビアンキは食べないで~(爆)
2013.11.20 Wed l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/570-f9528d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。