上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
パエリア画像が出てきました。

120909-03.jpg
(爆)


そんな訳で前回からの続き。

DSC_1352.jpg
スタート時

一般の部は150から160人くらいに別れて4集団でスタートします。
スタート時点で前の方に並ぶことはできそうでしたが、朝方の雨で濡れている路面にところどころグレーチングもあるとあって、最初は抑え目にと思い控えめな位置でのスタート。
先頭集団ではなく中盤で速そうな人の後について走りします。

前半のペースは思った通り30後半から40キロ位のご機嫌ペース。
噂には聞いていましたが本当にヒルクライム?という感じですが、前半8kmの最後の方は徐々にアップダウンも現れ、あまり無理をしないようにと少し抑え目に走ると、すかさず慎之助さんが前を引いてくれてこのあたりは協調体制バッチリでした。


そして中盤の激坂区間へ突入。
しばらくは普通に8%ほどの坂道ですが、9kmを過ぎた最初のヘアピンカーブから様相が一転。
そこから3kmほどの間はたま~に緩くなるものの11%から12%の勾配が続きます(・_・;)
この辺りまでに抜ける人は抜いているので、これより先は速い人に抜かれる一方(泣)

11kmを過ぎた辺りで300mほどのフラット?な区間がありホッとするものの、それが終わると大台ケ原の山が牙をむきます。激坂はさらに勾配を増し、ほとんどが13%から14%という勾配がこれでもかというくらい続き、28Tではあるもののケイデンスは50を切り、スピードも7キロを切ろうかと・・・(・_・;)
スピードが遅いもんだからサイコンを何度見てもあと何キロがなかなか進まず。カーブを曲がれども曲がれども「どこまで続くねん!」と突っ込みたくなる坂道が繰り返され、気持が一気に萎えていきます。
そんな区間が4km続き、ようやく少しの下りが現れ、最後の激坂を越えると後半のドライブウェイに合流します。

合流地点では地元住民の方々が鉦や太鼓での声援で勇気づけられます。また合流ポイントの1kmくらい手前にはメジャーレースのように、路面にチョークで応援メッセージがあって感動しまくりでした(/_;)


DSC_1417.jpg
ようやく合流地点


DSC_1419.jpg
さて残すは後半11km。

勾配は一気に緩くなってペースアップといきたいところですが、カメラマンと応援隊の前以外では足が回りません(笑)
しばらく緩斜面を登ると下り区間も現れますが、けっきょくそこで休んでしまい、その後も脚が回らずに心拍も下がり、ポケットに入れていたアミノ酸のジェルを補給したもののあまり改善することなく、ダラダラと残り距離を消化していきます。

途中で10%を越えるような下り区間で本日最速の63キロをマークしましたが、これまた本当にヒルクライム?というコースであります。
脚が残っていれば下りで勢いをつけて一気に登りたいところですが、頑張れたのはラスト100mくらい。

そんなわけで人生2度目のヒルクライムは終了。
今思えば何とか完走をと守りに入りどこも頑張ることもなく、タイムの方もトップから30分以上遅れての1時間47分30秒。何とか半分までの順位には入りたかったところですが、さすがに大台ケ原まで走りに来る人たちは変態度が高いのか順位はダメダメでございました(・_・;)



DSCF5696.jpg
ゴール後に仲間3人で
私は手ににゅう麺(笑)


DSCF5697.jpg
大台ケ原のシンボル


DSCF5698.jpg
ディープトリオ(笑)


DSCF5700.jpg
さて、下山に入ります。
下りで素晴らしい山の景色を撮ろうと思っていましたが、残念ながら雲が覆っていました。


DSCF5702.jpg
レース中はもう少し景色が見えていたのに残念・・・


DSCF5704.jpg
給水ポイントでは下りでも水分を振る舞ってくれました。
アミノバリューはお勧めです!


このレースは感動することがたくさんありましたが、登り時の応援に加え、下り時にも住民の方々が応援をしてくれます。おじいちゃん、おばあちゃんが手を振って「来年も来てなー」と言われるとついつい感動してしまい、登板中は二度と走りたくないと思っていたコースなのに、来年もまたくるぞと誓ってしまうのでありました。


120909-01.jpg
ガーミンのラップは1kmごとに区切り、伊吹山の時と同じくExcelのグラフにしてみました。
これを見ると前半8km、中盤8km、後半11kmの特徴がはっきりと分かると思います。
また中盤以降、心拍は下降の一途をたどり、脚のヘタレ具合も分かりますね(^_^;)
しかし13kmから14kmにかけての2kmは標高が233mも上がるって、もう勘弁してくれ度合いも分かると思います。


まさかこんな過酷なレースに参加することになるとは思いもよりませんでしたが、住民総出でのレース開催に仲間との楽しいキャンプ。獅子ヶ岳の何十倍もきっついレースではありますが、来年の開催が楽しみなイベントとなりました。


2012年9月9日 ヒルクライム大台ケ原
120909-02.jpg

走行距離 27.2km(レース後の余分な区間も入ってしまいました)
走行時間 1時間48分
平均速度 15.1km/h
最高速度 63.5km/h
カロリー 1,032C
高度上昇値 1,275m


スポンサーサイト
2012.09.11 Tue l レース・イベント l コメント (20) トラックバック (0) l top

コメント

No title
パエリアの写真が(爆)

あのきっつい区間は4kmもあったんだ 道理で長いはずですね
それはそうと、仕事中にエクセルで遊んじゃいけないって注意したのに
おかしいなあ~(笑)
2012.09.11 Tue l 慎之助. URL l 編集
No title
お疲れさまでした。
ホントにこのコースは過酷なようですね~
僕のチームメイトも多数参加しましたが、この大会の特色は異常なほどの激坂よりも村民さんたちの温かさが非常に素晴らしいと聞いています。
そして来年も参加ですね!
僕は・・・自信ありません(汗)
2012.09.11 Tue l YU-PO. URL l 編集
なんだかほんとに過酷なコースですね・・・
想像しただけでお腹いっぱいです(笑)
2012.09.11 Tue l 御三. URL l 編集
No title
ぐふっコース場にパエリアだったものは吐き散らす自分を想像してしまいました、ガチで過酷なコースですねwww

これだけ登ってたらしばらくは坂とか峠はいいですねあっ!岳もww
お疲れ様でした
2012.09.12 Wed l スッス. URL l 編集
お疲れさんどした2♪
タイトルを続きバージョンにしてみました_(^^;)ゞ
苦しかった激坂も終わってみると大したこと無かったような気になってしまいますが、大きな勘違いですよね…^^;
来年はもう一泊して朝から同行したいくらいです♪
若い奴らには敵わんなぁ~ってのも今回の素直な感想の1つです( ̄▽ ̄;)この年になると現状維持が精一杯…来年は前後宴会メインでの参加になりそうですm(__)m
2012.09.12 Wed l いまぞー. URL l 編集
いや~キツかったですね(-o-;)
でも来年また参加したいと思いましたね(^o^)
今度はコンパクトクランクで参加しようかな~っとf(^^;ヘタレな自分でした_(^^;)ゞ
2012.09.12 Wed l ドカ. URL l 編集
読んでるだけで脚が攣りそうです( ̄◇ ̄;)斜度も凄いですが、2時間近く登ってるというのもありえません。
でも、登ってる時の地元の方の声援は本当に嬉しいですよね。
お疲れ様でした!
2012.09.12 Wed l みっちー. URL l 編集
No title
たた大変お疲れ様でした~~!!
いやはや、すんごいコース設定ですね^^;
0メーターから一気に1200m。
ペース配分がとても難しそうですね・・・

それにしても登ってるHIDEさんが
すごくヒルクライマーしててカッコいいです!
ブラボ~~!^^
2012.09.12 Wed l てっちゃん. URL l 編集
お疲れ様でした~!
前日に宴会だったのにも関わらず完走とは、 お見事! の一言に尽きます。

しっかしとんでもないコース!
ヒルクライムレースの中に和田峠アタックが入っている様なものか…。お~イヤだ(爆)。

コースは厳しくても、応援は温かくて良さそうな雰囲気のレースなんですね。
来年の参加も決定と言う事で、これから一年間頑張って下さいませませ(笑)。
2012.09.12 Wed l nebochito. URL l 編集
慎之助さん
すんません、画像無断拝借です(笑)

しかし長かったですね。
あとでガーミン見てみると、激坂区間は51分もかかっていました。
1時間近くあんな坂を登っていたとは・・・(/_;)

>仕事中にエクセルで遊んじゃいけないって注意したのに
(;・∀・)ギクッ
大丈夫です。
前回のファイルにデータを流し込んだだけですから(爆)
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
YU-POさん
お久しぶりです。
チームの方が参加されてたんですか。
ほんと、きっついコースでしたわ(^_^;)
でも仰るように、村民の方々のもてなしが大変嬉しい大会で、それだけでも出て良かったなぁと思えます。
来年はYU-POさんもいっしょにいかがですか?
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
御三ちゃん
大台ケ原は裏庭みたいなもんでしょ?
やっぱり登っておかないといかんかと。
大丈夫、来年は嫌でも強制参加だから( ̄ー ̄)ニヤリ
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
スッス君
本当に吐きたくなるくらいキツいコースやったぞ!
君が参加するって言うから俺はみんな申し込んだのに・・・。
君も来年は強制参加だな!

>これだけ登ってたらしばらくは坂とか峠はいいですねあっ!岳もww
今週末は剣やけどな( ̄ー ̄)ニヤリ
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
いまぞーさん
続編のご理解ありがとうございます(爆)

>苦しかった激坂も終わってみると大したこと無かったような気になってしまいますが、大きな勘違いですよね…^^;
後から考えるとあそこでもう少し踏めたよなとか、大きな勘違いですね(笑)

>来年はもう一泊して朝から同行したいくらいです♪
いまぞーさんに教えてもらったおかげで楽しかったです。レースはキツかったけど(;・∀・)
もう1泊と言わずとも、前日夜の出発とかいかがですか?

>若い奴らには敵わんなぁ~ってのも今回の素直な感想の1つです( ̄▽ ̄;)
去年のタイムを5分以上縮めて何をおっしゃいますやら・・・(・_・;)
しかし若い奴らは伸びしろがありますね。
私もつくづく実感しております。

>来年は前後宴会メインでの参加になりそうですm(__)m
早くお会いしたいです(^O^)/
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
ドカさん
キツかったですよ~。
カーブ曲がって前方を見るたびにゲッソリでしたから(ヽ'ω`)
しかしあのコースをノーマルクランクで登るんだからさすがです。
来年はコンパクトでカオルちゃんをいわしてやってください!
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
みっちーさん
私もこれだけの距離、これだけの時間を走るヒルクライムがとても不安でした。
まぁ不安が的中だったわけですが(^_^;)

登ってる時の声援も嬉しかったですが、スタート地点に戻るまでみなさん声援を送ってくれるんです。
アット・ホームな雰囲気に感動ですよ。
苦しいけどまた来年もとなっちゃうわけですね。
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
てっちゃん
ほんとうに凄いコース設定。
もうペースも何もないのですが、中盤の8kmだけでお腹いっぱいなコースです(^_^;)

>すごくヒルクライマーしててカッコいいです!
ありがとうございます♡
(笑)
とりあえずカメラの前だけは頑張ったふりをしていますので、見えないところは・・・
(爆)
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
No title
スゴイですね、ドラムに和太鼓にノボリに声援
本当に町あげての一大イベントって感じでv
こんなに応援されると参加する方も走り甲斐がありますね

それにしても相当きついコースのようで読むだけで息が上がって足が攣ってきましたw

ひとまずゆっくりしてから次はのんびりサイクリング楽しんでくださいませ
って言っても高速サイクリングになるんだろうなw

お疲れ様でしたv
2012.09.12 Wed l りんぷー. URL l 編集
nebochitoさん
フッフッフ( ̄ー ̄)
前日の宴会はいつもよりセーブしていましたよ。
大人ですから(笑)

>ヒルクライムレースの中に和田峠アタックが入っている様なものか…。お~イヤだ(爆)
和田峠ってそんなにハードなんだ、お~イヤだ(核爆)

コースは厳しいけど人は温かいところです。
レース終わってからウルッときてしまいましたから。

来年は女王も遠征しませんか。
とっても美味しい?パエリヤとビールも飲めますぞ。
もちろんレースとは別料金で(爆)
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集
りんぷーさん
村民をあげての村おこし行事という感じですね。
レースの手作り感がたっぷり味わえる、アットホームで心温まるレースでした。

ただその分、コースはハードです(笑)
ただドライブウェイだけなら景色もよく、気分良く走ることが出来るんじゃないかと思います。

なのでそっちにコースを戻して欲しいなと思うばかりです(爆)
2012.09.12 Wed l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/421-cb29787b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。