上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
一昨日のヒルクライムで分かったことがいろいろ。

まずはタイヤ。
PRO3Raceに変えてから転がりの良さ・軽さは実感しましたが、やっぱり峠を上ると軽いタイヤのありがたみが実感できます。練習なら重いタイヤを装着しておいた方が鍛えられていいのかもしれませんが、この感覚を覚えてしまうと戻ることはできないでしょう。おそらく次回からもPRO3指名買いに決定かと。暇があったらチューブも軽いものに交換してみます。

そのタイヤですが上りばかりでなく、下りに関しても信用できるタイヤと信用できないタイヤではまるで違います。恐る恐る自転車をバンクさせるよりも、おりゃっと一発で寝かしこめる信頼性は下りで物を言います。以前のタイヤなら滑ってヒヤッとしそうな場面でも、何事も無いようにしっかりと食い付いていました。

そして次がウェア。
今回は外したかなと思ったジャケットですが、下りは快適そのもの。ジャージにウィンドブレーカでも時期的には良いのでしょうが、もう少し冷え込むとつらいかも。

そしてあとは万全の装備。
峠に入ったら携帯も圏外になっていました。万が一のことがあったらいつ人が通るか分からない道であるため、メンテナンスや工具類は必要です。更にドリンクも途中で補給できないし、食料も平地以上に必要でしょう。途中でハンガーノックにでもなったら・・・。

そして新たな物欲・・・

shi-c-cs5600.gif

やっぱりこれだけしんどい道だと、スプロケットの交換もありかなと思いました。
ヘアピンカーブのひどいところではダンシングで何とか切り抜け、少し楽になったところはシッティングといきたいところですが、シッティングでいきたい場面でも勾配が厳しいところがあり、ダンシングを続けざるを得ないことがありました。

そんな訳でいきなり物欲ランキングに登場したのが、12-27Tのスプロケット。現在は12-25Tを使っているので、ローにするとかなり違うのかなと。

ただ途中のギアが開いてしまうことも気になります。
こうなるとカンパの11速が羨ましく思えたりするのですが、よくよく考えたらトップギアなんてほとんど使ったことがありません。
13-27とか14-27というスプロケットがあってもいいんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?



スポンサーサイト
2009.11.17 Tue l パーツ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

同じマシンなのでギアの悩みは私も同じです
コンパクトクランクモデルがあったらよかったのにねぇー
でも私の場合は店頭にあった1台ポッキリを買ったので
どのみち選択枝はなかったか・・・

ちなみに「タイヤなら滑ってヒヤッ・・・」 これって純正タイヤの話ですか?

2009.11.19 Thu l グラコロ. URL l 編集
グラコロさん

私も店頭の1台ポッキリでした(笑)
でも私の場合、既にコンパクトクランクなんですよ(^_^;)
B4Pシリーズはなぜかノーマルクランクですが、いまどきノーマルにこだわるのはエンゾ氏ぐらいだと思うのですが(笑)

タイヤはZAFFIROはまだマシでしたが、前のバイクに付いていたわけわからないタイヤは恐怖でした。
2009.11.19 Thu l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/31-c68f4d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。