上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自分のバイクを買ってからも、どうしても気になるのは購入候補に挙がったバイク。
それは新しいモデルが発表されても同じで、キャノンデールのCAAD9-5は2009年モデルとほぼ同じ構成ながら、定価が2万円ほど下げられて発表されました。
このあたりは円高の恩恵なのかどうか分かりませんが、これでもし2割引とか言われたら「くださいと」言ってしまいそうな、そんなお買い得モデルだと思います。

0RA95D_0RA95C_red.jpg

どこのメーカーもいかにしてコストダウンをするか、目立たないところでパーツなどを見直したりするそうですが、CAAD9-5だけは好感が持てました。


そしてどうしても気になってしょうがないモデル、それがピナレロのFP2。

fp2_442white.jpg

定価は24万円から28万円台に上がってしまいましたが、なんとフレームがフルカーボンにグレードアップされています。これこそ2割引で売られていたら、ビアンキを選ぶ前だったら決定していたでしょう。そんなバイクです。

ちなみに2割引にこだわるのは2009年モデルを選んでいるときに、店頭在庫が2割引であったためで、特に大きな意味はありません(笑)

ピナレロの場合、マイナス点としてはホイールとクランク。このあたりを交換すると30万を越えてしまいますので、それなら他メーカーでそこそこのバイクを選ぶ、というのもありなのかもしれません。コストパフォーマンスに優れているFELTなんかも魅力を感じます。

そんなこんな言っても、しばらくは買えるわけでもないし、それよりもビアンキの2009MONO-Qを気に入っていますし、ちょこちょこパーツを交換してやればそれでいつまでも楽しめる、そんなところがロードバイクの魅力なのかもしれませんね。



スポンサーサイト
2009.11.05 Thu l バイク紹介 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

カーボンフレーム
 今やフルカーボンが主流ですよネェ〜
 確かにいいのでしょうが、やっぱりワタシ的にはアルミが好きです。
 カーボン車に乗ると 「アイツ、カーボンなのに遅い」 とか言われそうだから(笑)

 おっしゃる通り、試行錯誤しながら少しずつパーツを交換して、自分の好みに仕立てることができる、というのもロードバイクのおもしろいところでしょうネ。
 ワタシの友人にもフレーム以外はすべて交換し 「フレームさえあればもう1台できる」 という人が何人もいます(笑)
 とりあえず今のところはステム交換が第一、カネためてタイヤ、コンポ交換が目標かな…
 いつになることやら…
2009.11.07 Sat l こた. URL l 編集
こたさん

購入するときにアルミかカーボンかかなり悩みました。
当然資金的なものが大前提になるのですが、耐久性や重量など、でもやっぱり貧脚なので少しでも楽なほうがいいなと(笑)

>「アイツ、カーボンなのに遅い」
確かに(^_^;)

私もコンポやらフレームやら手をつけるのはいつになることか・・・
2009.11.08 Sun l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/27-f5a2b6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。