上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨年11月に交換したFUSION3、走行距離が1,500kmを越えたのでローテーションをしてみることに。

HUTCHINSON FUSION3、私にとって初めてのチューブレスタイヤですが、今まで全くもってトラブルもなくきております。少し気になっているのは前後の空気の抜けがかなり異なること。フロントは1週間ぐらいじゃほとんど抜けていないと言っていいぐらいなのに、リアは1.5気圧ぐらい抜けています。
チューブレスはクリンチャーよりエア漏れが多いという意見と少ないと言う意見があって、どっちなの?というところなのですが、私のタイヤは前後でこれだけ違うので、それこそ「どっちなの?」といったところです。

そんな訳もあってこの度、満を持してのローテーションを行うことになりました。

はめる時に苦労したチューブレスタイヤは外す時にも苦労します。
以前、一度外しかけて諦めたことがあるのですが、今回はIRCのチューブレス用タイヤレバーで作業をしたところ、さほど苦労することなく外すことができました。

DSCF4507.jpg
空気を抜き終わったらリムからビードを剥がしていきます。
最初はパコンと気持ちの良い感触が伝わってきます。


DSCF4506.jpg
ぐるっと一回り外したら反対側も外し、いよいよIRCのタイヤレバーを15cm間隔で差し込み・・・


DSCF4508.jpg
えいやっ、と一気に手前に倒してやると、後は適当に外してやればOKです。


前後とも外したら、いよいよチューブレスタイヤの装着。
一度使用したタイヤならある程度簡単に素手ではめることができるのかも、という浅はかな考えはすぐさま打ち消され、前回と同じところで作業が止まりました(>_<)

が、やはりチューブレスタイヤには専用のタイヤレバーです^^;
便利なものがあるんだから、苦労して素手ではめる意味が分かりません。

という訳でIRCとHUTCHINSONのタイヤレバーを試してみましたが、結果から言うと外す時はIRC、はめる時はHUTCHINSONが、私には使いやすかったです。
出かける時はどちらも持っておいた方が良さそう・・・


110304-215534-DSC_9659.jpg
作業の完了したフロント。
これまでリアで使用していたので、少し角張ってきていますね・・・

110304-215625-01-DSC_9660.jpg
こちらはまだまだ大丈夫そうなリア。


ということで30分少々でローテーションが完了。
思ったより簡単に作業が終わりました。
まぁ考えてみりゃ、外すのもはめるのもタイヤレバーを使ってるんだから、当たり前と言えば当たり前ですね(^_^;)



スポンサーサイト
2011.03.04 Fri l パーツ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
チューブレスは脱着が面倒そうだなというイメージだったのですが、慣れればそうでもなさそうですね。僕なんか幸か不幸かパンク慣れしていないものでWOでも遅いですし(笑)、そう変わらないかもw
前後でエア漏れがかなり違うってのは謎ですね(・_・;)?
2011.03.05 Sat l みっちー. URL l 編集
みっちーさん
私も相当苦労するかなと思っていましたが、専用のタイヤレバーを使ってしまえば簡単ですね。2種類も買っちゃったし(笑)
チューブが不要な分、逆に早いかも。

>僕なんか幸か不幸かパンク慣れしていないもので
慣れたくないですよね(^_^;)
チューブレスにしてからまだパンクはゼロです(^^)v

>前後でエア漏れがかなり違うってのは謎ですね(・_・;)?
考えられる原因としてはタイヤ、ホイール、装着作業のどれかだと思うのですが、どうやらタイヤの当り外れが原因のようです。
2011.03.05 Sat l HIDE. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmbhide.blog93.fc2.com/tb.php/203-bd181d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。