上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
行ってきました、富士ヒル!
これまであまり考えていなかったのに参加することになり、とりあえずブロンズ目標でやってきて見事にブロンズゲット!
結果は1時間28分15秒で、45~49歳クラスでは完走1273人中309位という順位でした(^^)

1508139_859601144118773_6988576336514948628_n.jpg

富士ヒルはいつか走ってみたいレースでしたが、伊勢からの距離や前泊などを考えると負担も大きいし、これまでどうしても参加に踏み切れなかったレースでしたが、今回は参加枠が増えたこともあり勢いでエントリーしてしまいました。せっかく走るならブロンズはゲットしたいし、それなら身体が老化する前に(既にしている?w)走ってみたいというのもありました。
が、一番心配なのは90分をギリギリ切れず、来年またチャレンジというのを繰り返したくなかったので、練習でやれることはやっておこうという気持ちで臨みました。

その目標である90分。コースが24kmなのでAve16km/hを超えなければなりません。キツイ勾配でないのは分かっているものの、緩斜面をパワーかけてそれなりの速度を維持するのは、実はちょっと苦手だったりします。これが最大の課題(>_<)
直前の試走はできそうにないけど、去年スバルラインを一度だけ走ったことがあったのはすごく助かりました。その時は余裕をもって走りましたが、そのタイムを参考にエントリー時の申告タイムは1時間40分としたのが、後から考えるとちょいと失敗だったかな(・_・;)

スタートは第9ウェーブなので7時50分ですが、荷物預けなどを考えて3時起きで4時過ぎにホテルを出発。前日にスーパーで買っておいたサンドウィッチ2個で700キロカロリーちょっと。割り当てられた富士急の駐車場でパンを更に1個食べてこれで900キロカロリーぐらい。ちょいと少なめか・・・。

駐車場から会場はそれなりに距離があってしかもずっと登り。本当なら駐車場でローラー乗ってアップする予定でしたが、朝から雨がパラついているし、会場まで走って行けば温まるだろうということでローラーはパス。宿泊地の山中湖では見えていた富士山も、残念ながらこちらでは見えていません。

そして無事にスタート地点に到着して下山用の荷物を預け入れ、スタート時までその辺をウロウロしたり何度もトイレに行ったりして過ごします。トイレは長蛇の列でしたが、小の方はそれほど並ばずに行けました。そしてカロリー補給のジェルで200キロカロリー追加。他にもジェルはポケットに入れたけど、ドリンクからカロリーを補給すれば何とか持つかなという計算。
スタート地点は早めにバイクを並べたので前から30台目ぐらい。Escargot繋がりの人とスタートまでご一緒させていただきました。


そんな訳で前置きが長くなりましたが7:50に第9ウェーブがスタート。前が少し空くから大丈夫だろうと思っていたけど、参加者は約8,000人。これだけ人がいるとスタートしてパレード走行区間ですぐに前に追いつき、計測地点手前はかなりノロノロ走行。
そこからスタートを切るとあまりペースを上げ過ぎないように抑えて入ります。しかし人だらけで前を抜いていくのが大変。左側通行が原則ですが、右車線にはみ出さないとかえって危険です。いつものヒルクラレースならしばらくすると落ち着きますが、このレースではけっきょくゴールまで集団を抜くのに苦労します。

11401397_859640170781537_4972332489099354313_n.jpg
ゼッケンを認識してFacebookに自動でアップロードしてくれるサービス。
これは便利♪

レース序盤の4キロ前後のところでなぜか胃が少し痛くなる。ドリンクを飲んでごまかしたりしていましたが、あまり回復はしなかった。食べ過ぎかな?w
そして中盤を過ぎた頃には左足の付け根が痛くなり、しばらくペースダウン。これまたドリンクを飲んでごまかそうとしたけどダメw。少しダンシング多めで走ってみるなどやっていると、そのうちに痛みも消えてくれました(^^)。が、やっぱり脚は次第に回らなくなってきています。少し遅めの集団に入ってしまったりで心拍も下がり気味です。自分に弱い(>_<)

そして中盤を過ぎた大沢駐車場。ここでは有名な太鼓の応援が生で見られてテンションが上がり、ペースも自然と上がります。この辺からコースも変化が現れますが、残り時間・距離を見るとちょっと微妙な感じになってきています。実のところ、目標を90分としたものの、85分ぐらいでいけるんじゃないかな、ひょっとしたら80分?なんて密かに思っていましたが、実際は90分も危ない(・。・;
途中でスプリット区間てのもありましたが、そんなところにパワーを使っている場合じゃないのでこのへんはマーペース。今思えば、中盤でジェルを補給しておくべきだったか・・・。

残り時間からこれは本当にアウトかなと思っていた頃にやってきました緩斜面区間。それなりのトレインに付かせてもらい一気にペースを回復。最後は勾配が上がってゴールとなりますが、ゴールが見えた頃にはGARMINのタイムで何とかなることを確信し、最後の力を振り絞ってダンシングで駆け上がりゴール\(^o^)/

そんな初チャレンジで無事にブロンズゲットとなりました。
目標タイムを上回ってひとまずはほっとしていますが、反省点を挙げるとすればもう少し早い組でスタートしたかったこと。抜くのに手こずってペースダウンすることも多かったし、ペースも乱れてしまいました。スタートは申告タイムで決まるので、来年は少しきついぐらいのペースで申告かな・・・、ってか、来年走るかどうかまだわかりませんが(笑)
もし出るとしたら85分ぐらいを目標に走ってみたいと思います。

さて、初めて富士ヒルに参加しての感想としては、これほど達成感のあるヒルクラレースは他にない気がします。もちろん日本一の山というのもあるし、これだけ参加者が多いとテンションも上がります。参加費が高かったり、前泊で何かとお金はかかりますが、前日は富士五湖巡りをするのも楽しいしウェルカムパーティも楽しい。今まで参加したイベント・レースの中では一番楽しめた大会でした。

2015-06-14-01.jpg
下山荷物にカメラもスマホも預けてしまったのでようやくゴール後の画像

P1070240.jpg
下山の列に向かう大勢の人

P1070242.jpg
名物メロンパンやソフトクリームは食べる気がなくなる群衆(^^;

P1070243.jpg
下山待ち。少し晴れてくれたら下界も見えてきれいなんだろうなぁ・・・。

2015-06-14-02.jpg
ゴール後に振る舞われた吉田うどん。
二日連続で(゚д゚)ウマー


そんなこんなでレースの3週間が終わりました。
鈴鹿エンデューロアタック120は予想より速いタイムでゴールでき、伊勢志摩HCでは去年より1分半の短縮。そして富士ヒルは最大の目標としていら90分切りと、すべてのレース結果で満足することができました。いつもなら春のヒルクラが終わると練習もひと段落となるところですが、今年はそれも6月まで延長。これでようやくほっと一息することができます。

先にも書きましたが来年はどうするか分かりません。4月から6月は仕事が忙しくなるため平日のローラーも大変だし、今は満足しているというのもあります。が、やっぱり自分のタイムが出るとそれは次回の目標タイムになるし、中盤で脚が回らなくなった反省もあるのでもう一度チャレンジしてみたい気持ちもあります。

以下、レースのデータ

【出走者数】  7,787名(出走率:95.01%)
【完走者数】  7,691名(完走率:98.77%)


いつものようにGARMINより

走行距離 24.02km
走行時間 1時間28分13秒
平均速度 16.3km/h
高度上昇値 1,230m


ということで初めての富士ヒルチャレンジでした!


スポンサーサイト
2015.06.16 Tue l レース・イベント l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。