上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今使っているホイールとタイヤの組み合わせ。

・FFWD F6R + Vittoria Corsa CX(TU)
・RACING 1 + Hutchinson Fusion 3(TL)
・RACING QUATTRO + Continental Grand Prix 4000S(WO)

見事にタイヤの種類がバラバラである(笑)

しかもそれぞれのタイヤがぼちぼち交換時期に来ているという(泣)
自転車の悲しき消耗品であるタイヤですが、ちゃんとメンテしていないとトラブルもあるし命にもかかわる重要な部品です。乗りすぎても減ってダメになるし、かと言って使わずに保管しておいてもゴム製品は劣化します。

F6Rのチューブラーも減ってないけどタイヤが明らかにゴムの粘りみたいなのがなく、6月のヒルクラが終わったら交換かなぁなんて思っています。使わなくても劣化するんだから、決戦用タイヤも使わなきゃ勿体ないだけだというのを実感しています。
でもそうなると高価なカーボン用ブレーキシューも減ってしまうわけですが(´・ω・`)


で、今回は秘境ルートの話の流れから、RACING 1のチューブレスのお話。

3年半前にRACING 1を購入してチューブレスで走ってきました。
それからパンクもしたことがなかったし、乗り心地がいいし転がり抵抗も少ないときて、もうチューブレスしか愛せない状態になっていました。

ところが、去年の夏。
サイドにヒビが入っていたのが気になったけど、炎天下にバイクを止めていたらそのヒビの部分から突然プシューっと・・・。
Fusion 3はヒビが入りやすいのですが、これまでは気にしないように走っていて何ともなかったのに、暑さのせいなのかとうとうパンクしてしまいました。

そして今回、何かを踏んだのは間違いないけど、やはりサイドカットからのパンクでした。

P1020161.jpg
orz


記事にも書きましたが、今回のツーリングが終わったら交換しようと次のタイヤは購入してあったのですが、今回ばかりは何を買う迷いに迷いました。

気持ち的にはやっぱりTLでいきたいところだけど、Fusion 3は英国でも1本6,000円を超える高値になっています。上のグレードのアトムがもう少し安くてお買い得になっていますが、持ちのことやヒビを考えるとさすがに・・・。
いっそのこと国産のIRCに、という手もありましたが、こちらもFusion 3より持ちが悪いようなインプレを聞いたことがあるので躊躇ってしまいます。


そんなこんなで今回はWOでいってみようと思い、軽量ホイールにはタイヤも軽量で、ということで選択したのは・・・


P1020157.jpg
MICHELIN PRO 4 COMP


4種類あるPRO4の上から2番目のグレードで、重量は180g。
どうせなら一番上のLTDにするか迷いましたが、さすがに165gのタイヤは普段履きにするのは怖いのでこいつに落ち着きました。


で、やはりPRO4となるとパンクが気になりますし、TLから乗り換えるなら転がり抵抗も低く抑えたい。
そんなこともあって中に入れるチューブも散々悩んで・・・


P1020158.jpg
初のラテックスチューブ!

あ、Corsa CXの中にはラテックスが入っていますが、クリンチャー用のラテックスチューブは初めて。
ラテックスはエアの保持が悪いのですが、やっぱりしなやかな乗り心地と転がり抵抗の少なさが魅力です。しかも調べているとパンクも少なくなるらしい・・・。


届いて驚いたのが箱の大きさ。


P1020159.jpg
タイヤとあまり変わりませんがな(・_・;)


P1020160.jpg
チューブはフニャフニャもっちり♪
あ、バイクに合わせてチェレステカラーでもあります(笑)


では早速組み付けます。

PRO 4 COMPは

( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ ) なんでやねん!

と突っ込みたくなるぐらいはめ難いタイヤでした。TLと同じぐらい苦労したような(・_・;)
サイドがペラペラに薄く、トレッドはそれなりに厚さがあるので変につぶれてはめ難いのでしょう。またチューブが少し大きめで腰がないので、挟み込まないように気を使ったのも原因ですが。


P1020162.jpg
完成!


ということで一昨日は新品のPRO4で剣という、ちょっと気が引けるルートでしたが、細心の注意で走ったのでサイドカットや傷等はありませんでした。
乗り心地としてはTLより転がり抵抗は落ちる気がしますが、それなりに路面のがたつきをマイルドにしてハンドルに伝えてくれる感じです。Grand Prix 4000Sと通常のブチルチューブとの組み合わせとはまるで異なります。



重量はFusion 3が290g。
PRO4とチューブで180g + 80g = 260g で、少し軽量化できました。
タイヤがこのぐらい重量差があると効果があるかもしれません。

しかし値段が高いから躊躇ったFusion 3。
今回のタイヤ4,500円ほど + チューブ1,500円。
そう考えるとほぼ同じという、何とも微妙なオチになるのでした。

_| ̄|○



スポンサーサイト
2014.04.29 Tue l メンテナンス l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。