上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
降られる運命のようです

昨日は朝からかなりの降りだったので、行くなら今日かなと思っていましたが、空模様の方がイマイチはっきりとしません。予報では曇りとなっていますが朝方まで降っていたようで道が濡れていたため、朝から散髪に行って午後から出撃です。

行き先は先週行けなかったコースにするか、それとももう少し楽なコースにするか最後まで悩みましたが、出発時点で13時だし、ま、とりあえず楽なコースを選択(いかにも自分らしい、笑)。
楽なコースとは言っても、峠を一つ越えて海に出て、そのまま鳥羽をぐるっと回って帰るコース。ロードを始めた頃にここの峠を上り、あまりにもしんどくて海に出ずに引き返したコース。先週の林道まではいかないまでも、けっこう山の中を走る雰囲気たっぷりのルートです。

DSCF3867.jpg
走り始めてしばらくすると伊勢神宮前に到着。
伊勢の人気スポットだから人は多いですね。
余談ですが、3年後の2013年には式年遷宮が行われます。

人の多い伊勢神宮前は写真だけ撮ってスルーし、剣峠に向かって少しづつ標高を上げていきます。この時点ですこしポツリポツリきていたのが気になりますが・・・。
しかし梅雨明けしていないにもかかわらず暑いですね。このまま真夏のツーリングはどうするかなぁとか、秋までお休みしようかなとか良からぬ事を考えながら前に進めますが、峠が近くなると少し涼しくなります。
勾配がきつくなる前に少し休みましたが、10分ほど休んでいるとほどよい涼しさに。先週もそうでしたが、夏は山に向かうほうがいいのかもしれません。

DSCF3868.jpg
今週もマイナスイオンたっぷりのコース。
ただし、日の当たらない道は前日の雨が乾いていないため、せっかくきれいにしたバイクが既にどろどろ。
orz

ここをスタートすると山は更に深くなり、こんなところで白装束には出会いたくない場所になります。が、現実的には獣とかの方が怖いかもしれません。この日は野生のシカが目の前を2頭横切っていきました。
さて、去年辛かった峠ですが、今年は余裕を持って上ることができました。スプロケは27tを付けてきましたが、24tまでで上れました。1年前に来たときとはバイクが違いますが、とりあえず成長もしているようです(笑)

峠のてっぺんで少し休んでいると、雲の動きが気になります。分厚い雲が海側から伊勢に向かって移動しているようで、ときどきゴロゴロという音も聞こえます。このまま引き返すべきか先に向かうか考えましたが、雲は伊勢に向かっているし先週も引き返したから、今回は海側に峠を下ります。


DSCF3869.jpg
下りもこんな感じが延々と続きますが、やはり振り出した雨と、それでなくても塗れている路面、所によって道を覆いつくすほどの枯葉、アスファルトまで生えたコケなど、上り以上に気を使って走ります。
せっかく上った坂は気持ちよく下りたいものですが・・・

さて、バイクが泥んこになっただけで無事(?)峠を下りましたが、雲の方は雨雲が迫ってきているようです。っていうかまたまた振り出してきたし、バスセンターでしばし休憩です。

DSCF3870.jpg
それほど降られていはいないけど、向かう先は分厚い雲。
ここでしばらく雨宿り。
今年はこんなんばっかりになるのかな・・・


30分ほど待っていると雨もほとんど止んで再出発しますが、道はけっこう濡れています。かなり降ったことが伺え、ビアンキは更にどろどろ(ToT)
もうこうなったら開き直って思いっきり走ります。あとは鳥羽をまわって家に帰るだけ。
いつもは最後に坂を上るコースを選択しますが、今日はフラットな二見ルートを選択。

DSCF3871.jpg
鳥羽駅前。

そして最後にオチ(>_<)
いつもと違った国道23号線ルートを選択したのが失敗したのか、家まであと1キロ少々というところで前輪に異変があり、それがパンクであることに気付きました。ここで直すより、家まで引いて帰ったほうが早そうということで今日はここで終了し、最後はトボトボと帰宅。
雨の日はパンクしやすいと言いますが、確かにその通りであります。
トホホ・・・


本日のコース


本日のデータ

6/27 剣峠~鳥羽
走行距離 74.48km
走行時間 2時間58分
平均速度 25.0km
最高速度 48.6km

そろそろタイヤも交換時期が近づいているようです(ToT)


スポンサーサイト
2010.06.27 Sun l サイクリング l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。