上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自転車におけるタイヤの重要性は言うまでもありません。グリップしてくれなきゃコーナーでこけるし、ブレーキングでロックしたりスリップダウンしたり・・・。といってグリップを優先すると”持ち”が悪くなるし、逆に”持ち”を優先するとたいがいはグリップが低くなり。他には耐パンク性や”重さ”なども選択基準となります。そのあたりがタイヤ選びの面白いところでもあります。
どこのメーカーのどのタイヤがベストというのは何を重視するかによって左右されますが、これまで使ったタイヤを自分なりにまとめてみましょう。

※あくまでも私個人の評価ですので悪しからず・・・


【クリンチャー】
Zaffiro
初めて買った完成車に付いてきたタイヤ。グリップいまいち、重い、硬いという安さだけが取り得のタイヤ。200g前後のタイヤに交換すると走りがグッと軽くなる。このタイヤのおかげでVittoriaにネガティブなイメージが付くけど、上位クラスのタイヤは人気がある。

Pro3 Race
転がりがよく、軽く、路面への食いつきは安心感があり、峠の下りでもガンガン突っ込んでいけた。が、減りが早くて、減り始めるとパンクも増えてくる。ローテーションしないとリアは2,000kmぐらいで寿命か。

BRIDGESTONE EXTENZA RR2
初めて買った国産タイヤ。転がりも軽さもそこそこ、グリップもそこそこと、まとまっていると言えばまとまっているし、特徴のないタイヤといえばそれ以上の表現もないタイヤ。表面をあっという間にカットして、それ以来国産は買っていない。

Grand Prix 4000S
RR2の後はずっとチューブレスを使っていたが、久しぶりに買ったクリンチャーが初めてのコンチネンタル。なかでもGP4000Sは評価がよくて、グリップがよくて”持ち”もよく、軽くてロングライフという、嘘みたいな触書につられて購入した。が、何だかんだで4本買ったGP4000Sは3本が次々とサイドカット。しかも普通のパンクもするし、グリップはそこそこだったぐらいで、あまり良い印象のないタイヤである。

Pro4 Endurance
Pro4シリーズでは一番下のラインナップであるEndurance。Pro4シリーズといえばペラペラのタイヤで軽くてグリップがよく、転がりが良いというイメージを見事に覆してくれた第1印象。実際に乗ってみると乗り心地はイマイチ、重い、でもほとんど減らないという、Pro4シリーズに入れていいの?というタイヤであるが、サイドはそこそこグリップのあるコンパウンドで、チューブをラテックスに交換すると乗り味の硬さも気にならなくなる。
そうそう、買って500km走らないうちにサイドカットし、どこがEnduranceやねん!と思ったけど、それからが強かった(笑)。サイドの内側に無理くりパッチを貼って、けっきょく4,000kmぐらい走っても使えている。

Pro4 Comp
Pro4シリーズの上から2番目、1本あたり180gという普段履きにするにはギリギリのタイヤ。もちろん”持ち”のことを気にしたら使っていられないが、グリップと転がりの良さ、軽さといったら特筆もの。これにラテックスチューブを組み合わせると乗り心地、転がりともに快適そのもの!


【チューブレス】
FUSION3
実のところチューブレスはこれしか使ったことがないけど、”持ち”、グリップは満足のレベル。そしてクリンチャーと比べるとパンクが少ない、というかほとんどパンクしないし、転がりがよくて乗り心地がいいので使いだすと止められない。
以前は英国で4,000円前後であったが、諸般の事情で6,000円前後になって使わなくなった。が、ちょっと前に4,000円を切っていることがあり久しぶりに購入。他メーカーからTLに参入してもらって、もっと価格が安くなって欲しいところ。国産メーカーもそのうち使ってみたいかな。


【チューブラー】
Corsa CX
もう定番中の定番で、やっぱりこれしか使ったことがない。Zaffiroと同じVittoria製とは思えないグリップ、乗り心地など、これしか知らなければきっと幸せだろうと思う。
表面にはパターンがあるので減りが気になるのと、クリンチャー用のラテックスより薄い(軽い)チューブを使っているので、1日に付き2気圧ぐらいエアが減るのは何とかならないものか。(シーラントを注入すると減らなくなるそうだが、チューブの持ちや乗り心地などが心配)


ということで今まで使ってきたタイヤをまとめてみました。
けっきょく現在もCL、TL、TUを使い分けることになっていますが、クリンチャーはタイヤとチューブを組み合わせることによる”楽しみ”もあるということに気が付きました。そんな訳で普段使いのRacing Quattroには、フロントにグリップを重視してPro4 Comp、リアは”持ち”を重視してPro4 Enduranceがお気に入りとなっています。チューブはもちろんラテックス。
あくまでも参考意見ということで・・・。

スポンサーサイト
2015.04.14 Tue l パーツ l コメント (4) トラックバック (0) l top
先日バーテープを交換してからたったの5日間。
早くもバーテープを交換しました。
最速記録かな・・・(・_・;)


前回のテープは経年劣化で卷いた瞬間に「ダメだこりゃ」となったわけですが、とりあえずしばらく使えないか試してみたところ・・・

20130710-212017_DSC_5081.jpg
もうすでにボロボロ_| ̄|○

ハンドルを握っているとバーテープが切れているのが分かるレベルで、下手にがんばって汚くなる前に交換したほうがよさそうです。
てなわけで早速剥がしてみると・・・


20130710-212422_DSC_5082.jpg
こんな状態

繊維がボロボロになってるから両面テープのところだけ切れて残ってしまいます。これを長時間放置すると両面テープも綺麗に剥がれずハンドルが汚くなってしまうところですが、さすがに5日間しか経ってないのが幸いしてきれいに剥がせました^^;
あ、両面テープが弱っていたというのもあるかもしれません。超強力両面テープなんか使っちゃうと剥がれないかもwww


20130710-213256_DSC_5083.jpg
で、今回交換するのはCOLNAGOのバーテープ。
先日お買い物のついでに購入しておりました♪


20130710-221027_DSC_5086.jpg
今回も珍しく単色!
いつものバイクリボンよりコルクが分厚くて良い感じです(・∀・)


20130710-221113_DSC_5088.jpg
黒いバイクに黒のバーテープ。
ごく普通の組み合わせですが、たまにはそんな普通もいいかな・・・


てことで、最初からこいつを巻いておけばよかったというオチでした(爆)





2013.07.10 Wed l パーツ l コメント (4) トラックバック (0) l top
あ、喧嘩売ってるつもりじゃありませんww

気がついたら今のバーテープに交換してから半年も経っていました(´゚д゚`)
本当は3~4ヶ月で交換したいところですが、まぁ予算の都合もあるし・・・w

でも今のバーテープはけっこう気に入ってたんですよね、グレーと黒のmixなんてなかなかないし、意外とM10に似合っていて汚れも目立ちません。でもあまり長いこと巻いたままだと両面テープが剥がれなくなったり汚かったり、やっぱり衛生的にも時々交換して気分一新したいですね(・∀・)

てことで・・・


DSC_4976.jpg
これまでのバーテープ。
汚れが目立たないとはいえ、けっこう変色していますね。

ところでバーテープの交換は今回部屋の中。
蒸し暑くてクーラーのないところではやってられません(^_^;)
そろそろ梅雨明けかなという暑さです。


DSC_4977.jpg
今回卷いたのはフィジークのパンチメッシュのもの。
アリオネを買った時に付いてきたやつだから、すでに3~4年経過しています(・_・;)


DSC_4978.jpg
意外と赤も似合うかも♪


でもそれはいいのですが・・・


DSC_4979.jpg
経年劣化でブチブチに・・・orz

コルク以外のテープは初めてだったのですが、意外と握り心地がいいです。
しかし肝心のテープがこれでは・・・(/_;)
きっと2,3回の命かな。

こんなことならさっさと使っておけばよかったよ。


気をつけよう、バーテープの長期保存・・・_| ̄|○



2013.07.05 Fri l パーツ l コメント (4) トラックバック (0) l top
いきなりのRACING QUATTRO登場で、またまた衝動買いをしたかのような展開ですが、実は以前から普段履きホイールが欲しいなと検討していました。

てか、これまではRACING 1 が普段履きとなっていたのですが、購入から既に2年半で15,000kmほど走っています。アルミホイールといえば当然金属部品なわけで、金属部品であれば使っていくうちに金属疲労が来るわけですよ。これは常識ですね。言ってみれば買って最初に使った時からホイールの真円性はなくなり始め、スポークの振れ、ハブの劣化が始まります。

RACING 1 のような決戦ホイールを次から次へと買える財力などないので、やはり普段はやっすいホイールを使っていた方がいいんじゃないかって思いはじめた時でした(もちろん財力のある方は例外、笑泣)
そんな時にホイールのドタバタ劇があり、いろいろ調べていくとアルミスポークのホイールは美味しいところは3,000kmぐらいで終わってしまうという現実が(・・;)

もちろん使えなくなるわけではないですが、何だかなぁ・・・ということで、普段履きホイールをとりあえず入手しようということになりました。


当然ながらここから物色が始まります( ̄∇ ̄)


半年ぐらい前ならMARLIN CYCLESとかでそれなりのホイールが安く買えたのですが、今となっては安倍ちゃん効果で国内のほうが安いぐらいです。そんなこともあってSanaさんで物色することが多くなりました。


その1 EASTON EA90 RT
1550gチューブレス対応で56,000円は魅力です。が、RACING 1 との違いがどうなのかちょっと微妙・・・


その2 EASTON EA90 SLX
1398gで56,000円。こちらもルックスがよく、少し前の価格改定で大変お買い得になったようで、実はSanaさんに問い合わせまでしました。
が、メーカーにもショップにも在庫はないようです。在庫なしって書いといてね!


その3 Campagnolo ZONDA Clin
35,000円ほどで買えてそれなりのホイールの筆頭ですね。しかしこれもRACING 1から買い換える意味が・・・。


その4 SHIMANO WH-6800
こちらはアンダー3万円で最有力候補。重量はそれなりですが、チューブレスも使えてハブも評判がいい、これ買っとけば間違いないというホイール。しかし・・・、SHIMANOのホイールってどうしてデザインがダメダメなんでしょうか・・・


その5 Campagnolo SCIROCCO35 or Fulcrum RACING QUATTRO
昨年発売されたばかりで35mmのリムハイトがあります。重量は1,710gと重いですが、ノーマルホイールならこのぐらいは普通だし、新モノでネタには使えるかな。


そんな訳で・・・


DSC_4899_01.jpg
RACING QUATTRO購入となりました。

M10のカラーにも合ってる(と思う)し、タイヤとチューブも含めて約40kとまずまずのお値段。本当のことを言うとチューブレス対応だと更に良かったのと、もう少し出せばZONDAも買えたのがちょっと残念かな・・・(´・ω・`)



2013.06.12 Wed l パーツ l コメント (6) トラックバック (0) l top
タイヤネタが続きます。

【その1】

先日のこと。Bianchiに最近換えたばかりのGP4000sを暗い和室でふと見たら、なんとフロントにでっかい穴が2つも開いているではありませんかL( ̄▽ ̄;)」オーマイガーッ!

しかしよくみてみるとキレイな円形で、自然に開いたのではなく機械か何かで開けられたかのような・・・。

はて???

このタイヤに替えてから外を走ったのは2回ぐらいだし、その間にいたずらされるような隙はなかったような。
そしてよくよく調べてみると、リアにも同じ穴が2箇所。

P1000787.jpg

ようするにメーカーがわざと開けた、タイヤの交換時期を知らせるマークのようです。
車なら普通にありますが、今まで自転車のタイヤではこんなの見たことがなかったので、朝からちょっと焦ったのでありました。
しかし、ここで何かを踏んだら簡単にパンクしそうなんだけど・・・(・・;)



【その2】

先日のこと。マイミクさんの日記を読んでいたら、GP4000sには方向性があるとのこと。
( ・ω・)モニュ?

これもタイヤのサイドに矢印で印されているそうですが、よく見ないとわからないほどです。
早速調べたところフロントは( ´∀`)bグッ!

そしてリアは・・・見事に逆 orz

こんなの聞いてないよ~(´・ω・`)
チューブラーのコルサは聞いてたから注意してつけたけど、コンチネンタルのタイヤってのは何だか凝ってるというのかめんどくさいというのか・・・。
確かに溝のあるタイヤなので、よーく見ると方向性もあるようです。

P1000786.jpg

で、早速はめ直してみました。
しかしチューブレスと違ってクリンチャーは簡単ですね。外すも着けるもタイヤレバーなしで、ものの5分ぐらいで作業完了♪
これだけを見るとクリンチャーっていいなぁと思います。

そして本日、早速ローラーで装着後の違いをテスト!
が、当然のことながら違いはわかりませんでした(爆)


おわり



2013.05.16 Thu l パーツ l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。