上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
うーん・・・
何とも誤解を招きそうなタイトルだ(笑)


さてさて、先週無事にニューマシーンを手に入れ、土日で100kmほど走ってみました。本当はもう少し走りたかったところだけど、ここのところ天気に見放されているのはご存知の通りです(>_<)

購入したM10は雑誌やWeb上の評価ではなかなか高評価のようで、フレーム単体で900gという軽さからヒルクライム向きとか、ロングライド向きといった評価がされています。またコルナゴというバイクは直進安定性に優れていて、どっしりとしたハンドリングのようなことが書かれています。
こういった記事は全部が全部、信用できるとは思っていませんが、今回初めてコルナゴのバイクに乗った感想としては、まさにライターの記事が肯ける、そんな印象でした。もっともまるで素人な私が、そもそもバイクのインプレッションなんておこがましい話ではありますが・・・。


先ず乗り出して感じたのは安定性。
以前のBianchiより軽くなっているのですが、ハンドリングはどっしりとして安定しています。手放しでどれだけでも走っていけそうです。まだそれほど走り込んではいませんが、40km/hを越えてまだ踏み込んでいくような状況になると、その安定性がどんどんと増していく印象です。”ビッグギアをかけたくなる”という言葉はこんなところから来ているのでしょうか。
もちろん、そんな時間はそれほど長続きしません。私の貧脚にはちょっともったいないです(・.・;)

またBianchiより硬くなっているはずですが、振動吸収性はM10の方が遥かに上のように感じます。路面の振動を必要な分だけうまく収束しているのでしょう。これはカーボンハンドルに変えたことにも起因しているのでしょうが、同じカーボンフレームでもこれだけ違うんだなぁと感心します。まさにロングライドにうってつけのバイクでしょう。

そして非常に重要なヒルクライム性能。
これに関してはまだ良さが分かっていません(^_^;)
完成車で重量を測ってみたところ7.7kg。フレーム単体では200g近く軽くなったと思いますが、全体では思ったよりも軽くなっていないのが気になります。それほど軽量パーツを使っているわけではないのでこんなもんでしょうか。アルテグラと105の重量差はそれほどでもなかったかな。
このへんはもう少し走ってみると、いや、登ってみると違いが分かるかもしれません。


アルミのなんちゃってロードから始め、カーボンモノコックのBianchiを購入し、アルミ独特のケツから背骨に振動が伝わって脳まで伝わるような感覚から、路面にカーペットでも敷いたような乗り心地に変りました。
レースに出たりしてようやくBianchi本来の走りはこんなもんなんだと実感し、何となく物足りなくなってきた最近。完成車よりも高価なフレームの存在意義がようやく分かってきました。


走りの感想としてはそんなところですが、また気が付いたらボチボチ書いていこうと思います。
また最初はちょっとどうかなと思ったカラーリングですが、画面を見た、あるいは実物を見た方からはかなり高評価です。そして私的にも見れば見るほど気に入ってくる、そんな感情を覚えています。
そのくらいの方が飽きないのかもしれませんね。



スポンサーサイト
2011.08.30 Tue l バイク紹介 l コメント (16) トラックバック (0) l top
買っちゃいました(爆)

110702-161816-01-DSC_0168.jpg

やっぱGIANTでしょ!
(^^)v

先日の記事はこのための布石だったのかって?
まぁそんなことはあります(笑)


110702-161721-01-DSC_0166.jpg

今度のは何にしたのかというと・・・


110702-161653-DSC_0165.jpg

GIANT FCR2

先日、てっ○ゃんのコメントにちょっと焦りましたが・・・^^;
実は訳あってクロスバイクが必要となりました。
クロスバイクといえばR3が候補の最右翼となるわけですが、それだと春日部のアニキと被ってしまうし、いっそのこと安いロードでも買おうかとも思いましたが、それなら誰も乗ってなさそうなフラットバーロードで、かつ、それなりに安いヤツ^^;ということでFCR2購入となりました(^^♪


110702-161847-01-DSC_0169.jpg

これまた訳あってサイドスタンドを付けていますが、これはこれで便利です♪


110702-161913-01-DSC_0170.jpg

とりあえず、ど・ノーマルの状態ですが、この後サイコンとサドルバッグ、ボトルケージを付けました。全て余っていたやつです(^^)
余力があればちょくちょく弄っていこうかなと。


110703-190540-01-DSC_0171.jpg

カタログ上のタイヤはZAFFIRO PROとなっていましたが、装着されていたのはZAFFIRO Slick 700×25C

ZAFFIROといえば残念なタイヤですが、Slickはどうなんでしょうね。
ってか、スリックがラインナップにあったとは・・・
タイヤも含めた感想はまたそのうちに書きたいと思いますが、どさくさに紛れてコイツ、我が家の座敷を置き場所としてゲットしております(笑)
Bianchiでさえ玄関なのに・・・


2011.07.04 Mon l バイク紹介 l コメント (10) トラックバック (0) l top
今使っている携帯電話はDocomoで、もうかれこれ15年ぐらいDocomoな人です。
が、そろそろ愛想も尽きて、IS04が発売になり次第auユーザになることは先日書いたとおりですが、それにしてもIS04が発売になる気配がなかなかありません。
いや、今日はそういうネタではなく。

Docomoのポイントが7,000ポイント以上溜まっていて、乗り換える前に使ってしまわないと当然水の泡になってしまうわけです。
バッテリーを買ってもしょうがないし、機種変更するわけでもないのでどうやって使ってしまおうと考えていたら、5,000ポイントで体組織計(っていうのかな?)、いわゆる体脂肪などが計れるやつがあったので、早速そいつをポチリとやっておきました。

こんなやつ↓
DSCF4416.jpg
オムロン製です。
オムロンというとなぜかモデムを思い浮かべてしまう私は古い人?(^_^;)


とりあえず届いたその日に家族一同、体重測定になったのは言うまでもないのですが、私は定期的にジムで計っているので改めて計ることもないんですよね。

それよりも計ってみたかったのはBianchiの重量。

以前の体重計は典型的なアナログちっくなやつで、せいぜい500g単位ぐらいまでしか読み取ることができませんでしたが、こいつがあれば100g単位まで計ることが可能♪
といってもここにBianchiをそのまま載せるわけにいかないので・・・。

DSCF4415.jpg
まずは自分の身体だけ測ってみます。
もちろん服は着たまま ← そんな解説いらんやろ^^;


DSCF4417.jpg
次にBianchiを担いで乗ってみると・・・
もちろん服は着たま゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o

71.3 - 63.5 = 7.8kg

それほど軽量化に拘ってはいないものの、とりあえず7kg台ではあるようです。
なぜか安心(^^♪
もちろん測定に当ってはツール缶、サドルバッグ、ライト、ポンプを外していますが、ポンプの台座とボトルケージ2個はそのままですから、それらを外すと更に100gぐらい軽くなるでしょうか。

もちろんBianchiの体脂肪は計れませんので悪しからず・・・(^_^;)


さて、ついでにもう一つ計るものが・・・。
それは取り外した物品の重量。
ツール缶に何でもかんでも詰め込んでいるから意外と重いんですよね。


DSCF4419.jpg
取り外された面々(笑)

こいつらだけを抱えて計ってみると、

DSCF4420.jpg
64.6kg

ってことは携行品だけで1.1kgもあったのか(・.・;)

こりゃ、なんぼカネを出して軽量化をしても全く意味がない訳で。
ちったぁ荷物を減らしなさいというオチでした(笑)


2011.01.25 Tue l バイク紹介 l コメント (12) トラックバック (0) l top
来年度モデルの発表。
とうとうこの時期がやってまいりました。

例年は8月ぐらいからニューモデルの発表となるようですが、今年は動きが早く、6月後半ぐらいから早くも発表になっていたようですね。
中級モデルに関しては、シマノがNew105を発表してコンポの値段を下げることができたのも引き金になったようで、中級にも20万を切るモデルが続々出てくる気配があります。

今のところ、FELT、SPECIALIZED、TREK、PINARELLO、COLNAGOあたりがニューモデルを出してきていますが、Bianchiからも魅力的なモデルが登場するようです。

madone59.jpg
TREK Madone5.9

pinarello_paris.jpg
PINARELLO PARIS

colnago C59
COLNAGO C59

oltre_big.jpg
Bianchi Oltre

FELTなんかはかなり戦略的な金額設定をしてくるみたいですし、来年モデルが出揃うのが今から楽しみですね。
私はやっぱりBianchiのOltreがいいなぁって思いますが、いちばん魅力を感じるのはほとんど型の変らないLOOKだったりします(これだけ新モデルネタに振っといて、笑)

といっても経済的にニューモデルが買えるわけもなく、今はホイール購入に向けて貯蓄時期でありまして(ぜんぜん溜まっていないけど、笑)、指をくわえて見ているだけであります(>_<)

ロトでも当てて、ゴージャスにいけたらなぁ・・・


2010.07.22 Thu l バイク紹介 l コメント (6) トラックバック (0) l top
自分のバイクを買ってからも、どうしても気になるのは購入候補に挙がったバイク。
それは新しいモデルが発表されても同じで、キャノンデールのCAAD9-5は2009年モデルとほぼ同じ構成ながら、定価が2万円ほど下げられて発表されました。
このあたりは円高の恩恵なのかどうか分かりませんが、これでもし2割引とか言われたら「くださいと」言ってしまいそうな、そんなお買い得モデルだと思います。

0RA95D_0RA95C_red.jpg

どこのメーカーもいかにしてコストダウンをするか、目立たないところでパーツなどを見直したりするそうですが、CAAD9-5だけは好感が持てました。


そしてどうしても気になってしょうがないモデル、それがピナレロのFP2。

fp2_442white.jpg

定価は24万円から28万円台に上がってしまいましたが、なんとフレームがフルカーボンにグレードアップされています。これこそ2割引で売られていたら、ビアンキを選ぶ前だったら決定していたでしょう。そんなバイクです。

ちなみに2割引にこだわるのは2009年モデルを選んでいるときに、店頭在庫が2割引であったためで、特に大きな意味はありません(笑)

ピナレロの場合、マイナス点としてはホイールとクランク。このあたりを交換すると30万を越えてしまいますので、それなら他メーカーでそこそこのバイクを選ぶ、というのもありなのかもしれません。コストパフォーマンスに優れているFELTなんかも魅力を感じます。

そんなこんな言っても、しばらくは買えるわけでもないし、それよりもビアンキの2009MONO-Qを気に入っていますし、ちょこちょこパーツを交換してやればそれでいつまでも楽しめる、そんなところがロードバイクの魅力なのかもしれませんね。



2009.11.05 Thu l バイク紹介 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。